契約違反への対応

新型コロナウイルスの影響による納期遅延など、自社が契約を守れない場合、
逆に取引先が契約を守らない場合、どう対応すべきか解説します。


1. はじめに

新型コロナウイルスの流行それ自体やこれに伴う緊急事態宣言に基づく休業要請等で影響を受け、納期に遅延してしまうなど、契約内容が守れない事態が発生する可能性があります。これは自社、取引先双方に考えられることですが、それぞれどのように対処すればよいのでしょうか。

2. 自社が契約違反に陥る懸念のある場合

(1) コロナ禍にあっても債務不履行責任を免れることは相当困難

契約を守れなかった場合に債務不履行として債務者が損害賠償等の責任を負う前提として、債務者の帰責性が求められています(改正民法415条1項ただし書)。このことから、今回のコロナ禍ではこのような意味で責任が無いのではないかと思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかしながら、これまでの法解釈に照らせば、取引先から債務不履行責任を追及されないためには(=取引を打ち切られない、損害賠償請求を受けないためには)、相当厳重な体制を構築しなければ注意義務を尽くしたとは評価されない可能性が高いと思われ、事業規模、事業内容によっては当該体制の構築に相当な困難を伴うものといえます。

(2) まずは現在の契約書の確認を

新型コロナウイルスの影響で契約内容が守れない場合には、まず対象となる契約の準拠法を確認した上で、不可抗力に関する規定の有無、規定がある場合には具体的な内容を確認してください。具体的な約定次第では、これに基づき免責されるとの主張を構成することが可能な場合もあります。
しかしながら、契約書に今回のコロナ禍での納期遅延といった事情が明確にカバーされている場合はむしろ少ないかもしれません。「天災事変」や「疫病」といった文言の定義や、これらに紐づいた免責の効果が不明確な場合、取引先とのトラブルとなる可能性は依然として高いと言えます。

(3) 覚書の作成をお勧めします

こうした状況を踏まえると、取引先に事前に告知して、新型コロナウイルスの影響をめぐる問題について債務不履行状況に陥ったとしても責任追及しない旨の覚書や、納期や履行方法等契約内容を変更する覚書を作成しておくことをおすすめします。双方が合意した旨を書面化しておくことで、紛争となる可能性は大幅に軽減できます。
あらゆる取引先との間で締結できるのが望ましいですが、例えば、契約金額が大きく紛争化リスクの高い取引など、高リスク案件に限ってのみ締結できるだけでも、リスクを相当低減できると思います。

※責任追及しない旨の覚書や、納期や履行方法等契約内容を変更する覚書のひな型を用意してありますので、ご希望の方はお問い合わせください。

3. 取引先が契約違反をしている場合ないしその恐れがある場合

取引先が契約違反をしている場合、まずは履行請求をすべきですが、最早履行が見込めない場合には速やかに契約を解除し、貴社から支払済みの金銭や取引先から未回収の金銭があれば直ちに回収し、さらに損害があれば損害賠償の請求をすべきです。
このような状況に陥る取引先は往々にして信用力が高くはないことがありますので、回収倒れにならないよう迅速に動く必要があります。
また、取引先が分割払いや支払期限の猶予を提案する場合には、可能な限り回収可能性を向上させましょう。たとえば、買掛金などがあれば相殺する(買掛金がなくてもあえて新たに発生させ、将来相殺することも一考です)、取引先の主要な顧客等に対する債権をはじめ、価値のある動産や権利を譲り受け又は担保に取る、連帯保証人を確保する、不動産があれば抵当権を設定するなどが考えられます。

※相殺合意書、保証契約書、抵当権設定契約書など、債権回収に資する書類のひな型を用意してありますので、ご希望の方はお問い合わせください。

4. 契約関係の解消をしたい場合

他方、契約違反の有無とは別に、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、既に契約したものの最早無用になってしまったものや、コストの観点からなかったことにしたいといった理由で、すでに締結した契約関係を解消したいと考える状況もあると思います。
このような場合には、締結済みの契約に、重大な悪影響が生じた場合に契約解除を可能とする条項が規定されているか否か、もし規定されているとした場合には、当該条項を個別の事案に適用できるか否かを確認してください。
なお、そのような規定がなかった場合であっても、法令ないし法理に基づく契約解除を主張する余地もありますので、よく検討する必要があります。

5. 専門家からの助言を得て慎重に対処を

契約書及び法令の解釈をはじめ、取引先とどのようにコミュニケーションしていくかなどについて判断に迷われる際には、専門家からの意見も踏まえ慎重に検討したほうが安全です。

▲Return to the top page