Home > 取扱業務 > 個人のお客様

交通事故

交通事故にあったら、弁護士にご相談ください。
保険会社には内部基準(自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準など)が存在し、弁護士が介入している案件とそうでない案件とでは、賠償金額が異なります。
保険会社にお任せだと、本来正当に請求できるはずの水準とはかけ離れる場合もあります。

交通事故に伴う損害賠償と一括りで言っても、慰謝料(入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料)、休業損害、逸失利益、治療費、入通院交通費、物損など、検討すべき費目は多岐におよびます。
また、過失割合が問題となるケースでは、過去の裁判例に照らした適切な過失割合を検討する必要があります。
当事務所は、法令・判例に基づいた最善の方法で、お客様の権利を保護します。

弁護士費用についてご心配の方も、お客様やご家族が加入している自動車保険に「弁護士費用特約」が付いている場合、弁護士費用の自己負担額はゼロになることもあります(※)。
初回のご相談は30分間無料ですので、事故の大小等に関わらず、お気軽にご相談ください。

Q&A

Q.

岩崎総合法律事務所へ交通事故に関する事件を依頼したら、弁護士費用はいくらになりますか?

A.
当事務所では、弁護士会の旧報酬基準に照らして一般的な料金水準とさせていただいていますが、お客様やご家族が加入されている自動車保険に「弁護士費用特約」が付されている場合、保険会社に対して弁護士費用を請求しますので、この場合、お客様の自己負担額はゼロになります(※)。

なお、弁護士費用特約を使用しても、いわゆる事故等級には影響を与えない保険会社が大半ですので、保険料の増額の心配もありません。

「小さな事故だから」「そんなに大きな争いはないから」「弁護士だなんて大げさな」などとお思いの方も、弁護士費用のことは心配せず、お気軽にご相談いただければと思います。

(※ 保険会社が設定する保険金額(300万円と設定しているところが多いようです)の範囲内で、保険会社が妥当と認めた弁護士費用については、保険会社から支払われますので、お客様の自己負担は発生しません。保険金額を超過した場合や保険会社から認められなかった費用・実費等については別途請求させていただく場合もありますのでご了承ください。)

 
Q.

交通事故に関する事件の流れを教えてもらえますか?

A.
交通事故が発生した場合、まずは、被害者の治療が最優先です。
通常、治療中の治療費は、加害者の任意保険会社が支出することが多いですが(任意一括払い)、治療の必要性等について争いがある場合には、被害者側が一時的に立替え払いをして後で加害者へ請求するか、自賠責保険に対する被害者請求を検討する必要があります。

治療が終了(症状固定)してもなお後遺症が残る場合には、後遺障害等級の認定を、相手方保険会社経由(事前認定)又は損害保険料率算出機構へ直接(被害者請求)請求します。
等級認定に不服がある場合には、異議申し立てを行うこともできます。

後遺障害等級が確定した後、これに基づいた慰謝料などの費目の算定と請求を行います。
この請求と交渉の相手方も、通常、加害者の任意保険会社です。
交渉により最終的な支払金額を合意できれば、いわゆる示談成立で終了となります。

双方の溝が埋まらずに合意に至らない場合は、交通事故紛争処理センターや日弁連交通事故相談センターにおける斡旋(あっせん)手続の申立て、裁判所への民事調停・民事訴訟の提起といった適切な方法を選択して、解決に導きます。

岩崎総合法律事務所では、これらどの段階でもお客様をサポートさせていただきますが、なるべく早い段階でご相談いただくのがベストです。


 
ページのトップへ戻る